収益物件を購入する前に調査|お得マンションでリッチな生活

スーツの女性

家が借りやすくなる制度

スーツの男性

高齢者世帯や貧困層の増加にともなって、家賃債務保証を導入する賃貸オーナーが増えています。家賃債務保証は、オーナーと入居者の双方にメリットがあるシステムです。しかし、入居者が家賃債務保証を受けるにあたっては、注意すべき点があります。まず、健康状態や収入に関する一定の基準を満たす必要があることです。1つめは、60歳以上の高齢者もしくは身体障害・知的障害・精神障害のいずれかを有している者、18歳未満の子どもを扶養している世帯です。高齢者については、特例があります。それは、60歳未満でも要介護認定を受けている場合です。2つめは、公的在留資格を持つ外国人です。在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証明書のいずれかを所有していれば、家賃債務保証を受けることができます。

上述のように、家賃債務保証は、高齢者世帯や低所得世帯を主な対象にしています。しかし、家賃債務保証の大きな特徴は、賃貸住宅を契約する際に保証人になる点です。よって、様々な理由で身寄りがいない人でも、住まいを確保できます。家賃債務保証は、入居者が家賃を滞納した際に最大12ヶ月分の家賃を保障します。そのうえ、トラブルによってオーナーから訴訟を起こされた場合は、月額家賃の9ヵ月分を保障します。これは、原状回復費にも適用可能なので、退去時も金銭面の心配はありません。保証の対象である高齢者達は安心して暮らすことが出来ますし、賃貸を経営する側も安定した入居者の確保が可能になるでしょう。